フリーランスになる前の事前準備について

事前に準備するもの

特定の会社・企業に属さない働き方がフリーランスでの活動です。 会社・企業には様々なプロジェクトがあり、時には社内にそのプロジェクトに適した人材が不在の時もあります。 そのような時に人材コンサルティング会社などを通して仕事を紹介してもらい、活動を行います。

ですが、その際にいかに技術・専門知識を有していても、アピールができなければ採用されません。 フリーランスとして活動するには、事前の準備が不可欠なのです。

そこで今回は、そのフリーランスになる前の事前準備についてご紹介をさせて頂きます。 これからフリーランスとして活動したいとお考えの方の参考になれば嬉しい限りです。 まず準備したいのがWebサイト、メールであります。 フリーランスとしての自己紹介をはじめ、自分のできることや仕事の流れなどのコンテンツを用意しておくと、依頼をする人にとってわかりやすいことでしょう。

また、メールは仕事上で欠かす事のできないツールですから用意する必要があるでしょう。 次は肩書きになります。 肩書きがあることにより、初対面の方にも自分が何を生業としているのかを伝えることができます。 この場合、名刺を見ただけ理解できるように、分かりやすいものが良いでしょう。

そして次は名刺です。 フリーランスで仕事を続けていくためには、人脈を構築することはとても大切なことです。 そのためにも、いつどこで誰に出会ってもいいように、名刺は常に持ち歩くべきです。 肩書き、氏名、住所など基本的な情報はもちろん、顔写真を入れておくと相手にも覚えてもらいやすいでしょう。

最も重要なもの

最も重要なのはモチベーションです。 このモチベーションを継続できなければフリーランスでの活動は続けることができないでしょう。

個人で仕事を行うフリーランスは、仕事をする時間や休日が決まっているワケではありません。 また、フリーランスの仕事は、完全なる出来高制です。 それゆえ、仕事をすればするほど収入を得ることができますが、会社・企業とは違い、自分の仕事のカバーは誰もしてくれません。

ですから、自分なりのモチベーション維持の方法を持ってフリーランスとして働くことを心構えとして持たなくてはいけません。 このようにして、フリーランスの活動には、物質的にも精神的にも事前準備が必要となってきます。 フリーランスになると決めたら、いち早く準備にとりかかり、仕事上、支障がないようにしましょう。