Javaと他言語との比較

Javaは当初、組み込みシステム上でネットワークコンピューティングをサポートするために作られました。 一度コンパイルしてしまえば基本的にはUNIXだろうがWindowsだろうがMacだろうが関係なく動きます。 そんなJavaには次のような特徴があります。

Javaの主な特徴

  • Javaではプラットフォームに依存しないアプリケーションソフトウェアの開発と配備を行うことができます。
  • オブジェクト指向プログラミングの考え方に基づいて設計された言語であり、ソフトウェアの開発と保守の複雑さを低減し、開発効率と保守性を高めます。
  • Smalltalk や Objective-C と同様な簡潔なオブジェクトモデルを採用しています。

Javaと他言語との比較

Javaと比較してC++はC言語、手続き型プログラミング言語に静的型付けオブジェクト指向プログラミング言語の特色を追加するために作られ、機械語の効率的な実行のために設計されました。 C言語に、オブジェクト指向プログラミングをはじめとする様々なプログラミングパラダイムをサポートするための改良が加えられたものといえます。 ただし、他のプログラミング言語と違い、旧来のCと同様に手続き型言語としても扱えるという特徴があります。

C++とJavaは開発の目的が異なるため、両者の方針とトレードオフに違いが生じています。 これらの違いはC++がC言語との互換性を維持しようとしたため、またC言語の利点を一切損なわないようにしたためです。 これらJavaなどのプログラミング言語は主にエンジニアやプログラマーなどが使用します。 エンジニアやプログラマーとして働きたいと考えている方はこのプログラミング言語を学んでおいたほうがいいでしょう。 さらに近年注目を集めているフリーランスですが、このフリーランスの仕事が多い業界でウェブ関係も増えてきており、案件も豊富に紹介されています。

プログラミング言語などの専門的な知識や才能、突出したスキルを持っていればフリーランスとしても仕事をすることができるのではないでしょうか。