Javaのメリット

Javaの特徴

今ではプログラミングの場において欠かすことができないのがJavaですよね。 しかし、何故Javaが必要で、何故Javaを利用した方がいいのか、あまり知識がないという方もたくさんいるかと思います。 こちらでは、Javaの必要性とJavaのメリットについてご案内したいと思います。

Javaとは、Webをより一層楽しく便利にするアプリケーションを開発するためのテクノロジーのことをいいます。 Javaがインストールされていないと動作しないアプリケーションやWebサイトが多数存在し、さらに毎日作成され続けています。 Java は、高速、安全で、高い信頼性を持っています。 ですから、Javaが必要とされているのです。

Javaは、ラップトップコンピュータやデータセンター、ゲームコンソールスーパーコンピュータ、携帯電話、インター ネットにいたるあらゆる分野で使われています。

Javaのメリット

  • 枯れた言語のため安定性がある。
  • 初心者でも致命的なバグを作りにくい言語構造になっている。また、JVMを仲介し、OSの言語に依存関係がないため、セキュリティ上の安心感がある。
  • 言語構造が非常に体系的なため、とにかくIDEがとても親切。IDEがあればどんな方でもプログラミングができる。
  • 枯れているだけに、モジュールやパッケージがとても豊富で、わりと痒いところに手が届く。
  • Tomcatでロードした場合、自動的にスレッド運用となるので、同期化には気をつけなければいけないが、一度に処理できるアクセス数は格段に上昇する。
  • 商品購入などの決済系やチャットなど、トランザクションの長いサービスには向いている。

Javaは、基幹系、エンタープライズ系で最も多く使われているのです。 Javaについて、少しは知識を得る事ができましたでしょうか? またJavaに詳しい方は、システム開発や、アプリ開発など、Javaの案件情報もたくさんあるので、エンジニア系に興味がある方は、是非自分にピッタリの案件を見つけてみてはいかがでしょうか。