フリーランスとして生き残る方法

フリーランスの特徴

フリーランスとは、会社や事務所などの組織に属しておらず、自らの才能や技術を個人で提供する個人事業・個人起業法人のことであり、個人業と似たようなものです。IT業界のプログラマ、出版業界、放送業界ではこのフリーランスが多く存在しています。 具体的な例を挙げるとすると、フリーアナウンサーやフリー声優、フリーライター、フリージャーナリストといった職種です。 本来仕事を請け負って来てくれる事務所や企業がなくそのため、自分の力で仕事を得なければなりません。 しかし、独立したは良いが、仕事がなく断念した、という話も決して少なくありません。むしろフリーランスで成功している人の方が一握りと言えます。 フリーランスで生き残る為には、様々な点を心がけなければなりません。 こちらでは、フリーランスで生き残る8つのポイントをご紹介します。

できることを増やす

専門の職である以上、一流である事を求められる事が多くなると思います。 しかし、1.5流であっても多くの事ができるのなら、仕事が頼まれやすくなることもあります。 オールマイティーになんでもこなせる事が理想です。

可能な限り即日対応する

フリーランスは全ての事項を一人で判断できるので、出来る限り早めに対応すると、急いでいる方からは重宝されることもあります。

人に感謝する

仕事を得るには、人とのつながりが重要となってきますので、人づてに依頼人を紹介してもらうこともあります。

自分の能力を過信しない

能力に自信をもつのは良い事ですが、過信しすぎて横柄な態度を取ってしまっては、トラブルになる可能性もあります。

取引先は多いほどよい

依頼がいつなくなるか分からない不安定な仕事なので、少額であったとしても仕事を受けて取引先を増やしましょう。

休みがなくても苦にならない

会社のように出勤・退勤がなく、いつでも仕事を行っている状態になる可能性もあり決まった休みが存在しないので、それが苦にならない人でなければ向いていません。

仕事で必要なものには金をかける

仕事に妥協をしていては、依頼も減ってしまう可能性があります。 常に最新のものを、というわけではありませんが、必要なものはお金をかけても揃えるようにしましょう。

すぐに儲けようと思わない

生活がかかっているので、すぐに利益を出そうと考える方が多いかもしれませんが、大きな利益はその分大きなリスクを生むことにもなります。 ギャンブルはせずに、ゆっくりと確実に利益を挙げる方法を考えることが大切です。

以上、8つのポイントを挙げましたが、これは全てのフリーランス業に当てはまることではありません。 あくまで参考までに留めるようにしましょう。 ただ、己の技術を売る事がフリーランスなので、他には負けないといった強い売り込みが大切だという点では共通の認識をもつべきかと思います。