フリーランスのプレゼンテーションのポイント

会社・企業に属している場合に避けて通れないのが、プレゼンテーションではないでしょうか? 開発商品の情報説明やプロジェクトの成果報告などでは常に行われることです。 ですが、それはフリーランスのプレゼンテーションになると、様相は一変します。 その理由としては、フリーランスのプレゼンテーションという場合、新規の営業開拓などに近く、会社内の社員同士で行われるものとは異なるからです。

それはフリーランスが「外部の人間」であるため、聞き手側との事前の合意事項が無いに等しい状態でプレゼンテーションをすることが多いからなのであります。 ですから、フリーランスのプレゼンテーションには高い伝達能力が要求されるのです。

そこで今回は、そのフリーランスのプレゼンテーションのポイントについてご紹介をさせて頂きます。 フリーランスで活動している方で、プレゼンテーションをどうしようかと迷っている方の参考になれば幸いです。

プレゼンテーションのポイント

まずフリーランスのプレゼンテーションのポイントとして挙げたいのが、仕事の受注・完了を得ることにあります。 クライアント側に内容を理解してもらうプレゼンは大事ですが、最終的には仕事の受注・完了を得なければなりません。 どんなに事前準備をしっかりと行い資料を用意しても、最終的なプレゼンが聞き手側に届かなければ何の意味もありません。

つまりは、フリーランスのプレゼンテーションの成果として「理解」だけに留まるのではなく、「受注・完了」を得なければいけません。 次に大切なポイントが、しっかりとしたプレゼンの準備であります。

プレゼンテーションにおいて大切なことは、誰に対して、何のために、何を話すのか、というプレゼンテーションの内容をしっかりと整理する必要性があります。内容面の充実は、プレゼンのポイントでは特にプライオリティーの高い部分でありますから、周到な準備が必要となります。 また、どのような状況下でプレゼンを行うのかも大事になってきますので、必ず事前に連絡を入れることが重要です。 プレゼンテーションに変更がないことをしっかりと確認しましょう。

他にもフリーランスのプレゼンテーションにおいて大切なことはいくつもあります。 特にSEなどの専門職は、専門用語を多用しすぎてないか等の点に気をつける必要があるでしょうね。 どうぞ、クライアント側に「ぜひ、お願いします。」と言ってもらえるプレゼンテーションを行ってください。