フリーランスの確定申告

フリーランスと正社員の違い

会社に属していれば、自らの労働力を対価にお給料を得ることができます。 毎日の労働力を会社という組織に属し、契約内容にしたがってお給料を収入として得て、日々を過ごしていく生活費として生活していると思います。 しかし、フリーランスの収入は、そういった給与所得者とは違った特徴があります。 そのため、確定申告をする時に小さなことに気を付けるだけで、節税効果が生まれることもあるのです。 一方で普段の事務が不十分だと、申告シーズンに泣かされたり、思わぬ落とし穴で損をしてしまう可能性もあります。 確定申告は会社勤めの方は基本的に会社が全て行ってくれますが、フリーランスの方は自分で行わなくてはなりません。 また、その確定申告には青色申告と白色申告の2種類があるのです。 フリーランサーの中でも確定申告の必要がないという方もいます。 それは収入-必要経費=38万円以下の人のみで、それ以外の人は確定申告が必須となります。

フリーランスの確定申告

フリーランスの場合、支払われる報酬から前もって10%の所得税を引かれた額が報酬として支払われることになるため、報酬額に関係なく仕事が終わったら取引先より支払調書を受け取る事になります。 このときの支払調書が納税証明書になりますので必ず取引先から貰ってください。 青色申告をする場合は税務署に開業届の手続きを行い、更に複式帳簿が必要となるなど面倒な点もあるのですが、代わりに青色申告特別控除が適用となり最大で68万円の他、簡易帳簿では10万円の控除を受けることができます。 白色申告の場合ですと特に控除が設けられているわけではなく基本的な基礎控除や扶養控除等のみ適用となるため、フリーランスの確定申告では青色申告の方が面倒な点もありますが節税対策をするなら適しているといえます。 このようにフリーランスの方が確定申告を行う場合青色申告、白色申告の2種類ございますので、それぞれの特徴を頭に入れて自分に適したほうを選択してください。