女性のフリーランスについて

仕事とプライベートの両立

20代・30代女性の多くの方が悩まれているのが、仕事とプライベートの両立ではないでしょうか? 高校・大学を卒業して、仕事にも本格的に慣れてきて楽しくなる頃、女性は「結婚」の二文字で悩む方が多いでしょう。 今や女性の社会進出も当たり前の時代にはなってきましたが、女性には出産という人生のイベントが待っています。 その機会を逃すまいと会社を去る方もいれば、仕事も手放したくないと両立を頑張る方もいらっしゃいます。

現代では、職業形態も大きく変化を遂げており、特定の会社に属さないでフリーランスに仕事をこなす女性もいらっしゃいます。 男性との比率ではまだ多くはありませんが、近年では明らかに右肩上がりに増えています。 そのフリーランスという働き方を選択する背景には、上記にご紹介をしたように結婚や出産のための方が多いのです。 家庭や子育てとの両立がしやすい点やスケジュールの自由度が高い点などが魅力として結婚・出産後にフリーランスでの働き方をみなさん選択するのでしょう。

フリーランスとして働く時の年齢

中には、若い年齢の内からフリーランスで働きたいと考えている女性の方もいるようです。 ですが、フリーランスで活躍されている方は、ある程度の経験を積み、独立していけるだけの技術・専門知識などを持ち合わせているのです。 それが入社1年や2年で会社を辞め、フリーランスで働くには少々難しいでしょう。

しっかりと技術・専門知識などを身につけてから、フリーランスで働けるように計画や準備、そして何より継続する力を身につけてからチャレンジをしてほしいものです。 そしてフリーランスで働く女性の職業を多岐に渡ります。 ライター、デザイナー、イベントプランナー、コンサルタント、エンジニアなどがあり、特に男女比率で女性が少ない職種のプロジェクトは、プロジェクトに組み込みやすいという有利な点もあります。 コンサルタント業務・エンジニア業務は特に多く募集がされていますので、お探しになると良いでしょう。 どうぞ、あなたの力を存分に発揮できる職場をお探しになってみてください。